1. TOPページ
  2. 歯周内科治療(歯周病)
歯周内科治療

歯周病従来の歯周病の治療は「切ったり削ったり」といった外科的処置が主な治療方法でした。
しかし歯周病は細菌による感染症です。その考えから当院では顕微鏡で歯周病菌を把握し、次亜塩素酸水やお薬の処方で歯周病菌による進行を防ぎ、歯周病を治療いたします。

今まで進行が止められず、治療が大変困難だった歯周病(歯槽のう漏)ですが当医院では患者さまの負担の少ない内科的な治療を取り入れ、顕微鏡と薬の定期検診システムにより歯周病の完治を目指します。

位相差顕微鏡システム「ペリオスコープ」

ペリオスコープ歯周病(歯槽膿漏)は感染症ですが、実際にどんな細菌がお口の中に潜んでいるか、肉眼では分かりません。当院では位相差顕微鏡「ペリオスコープ」を使って細菌の状態を確認します。

歯垢(しこう)を採取して見るだけの痛みのない簡単な検査です。誰でもお口の中に細菌は少なからずおり、この検査では細菌の種類を調査します。

「ペリオスコープ」を使用して原虫、細菌、真菌、組織に分類された120カットもの歯周病関連菌種の症例画像(動画、静止画)を搭載しており、パソコンのモニター画面で観察画像と実際の菌を比較表示することによって患者さまへの説明、診断をいたします。

このぺリオスコープによる診断は、「どのようなお薬を処方するのか」を判断するのに重要な検査方法です。

当院のお水(エピオスシステム -EPIOS 05-)について

次亜塩素酸水当院ではこのエピオス05という次亜塩素酸水を生成し、歯周内科治療における「うがい水」として使用しています。生成される水は、電解中性水・中性機能水・中性殺菌水などと呼ばれるもので、高い殺菌力を持つと同時に安全であることが知られている治療水です。

また近年、院内感染対策としても利用普及がすすんでいる安全性の高いお水です。

なぜ歯周内科治療なのでしょうか?

従来の歯周病治療と言えば「歯磨き指導」「歯石除去(スケーリング)」「外科的処置」が基本的な治療です。しかし、この基本的治療は、患者さまの懸命な歯磨や長期の通院っでも中々改善が見られないという事実もありました。それだけ歯磨きの方法や歯科医師の治療技術に左右される治療方法なのです。

そこでもっと簡単に良い治療結果が生まれる方法はないかと、多くの歯科医師が研究・臨床を重ねた結果生まれたのが、薬で歯周病を治すという治療方法です。

風邪やインフルエンザはウイルスによる感染症ですが、医師の指示に従ってきちんと薬を飲めば、ほとんどの場合、治ってしまいます。「歯周病は歯周病菌による感染症」であるという考えから生まれたエビデンスに基づいた治療方法です。

クレジットカードCredit Card

クレジットカード

お支払いはクレジットカードもお取り扱いしております。

携帯サイトMobile WEB Site

つちや歯科クリニック
ケータイサイト

QRコードを携帯電話で読み取ると、直接携帯サイトへアクセスできます。

ページの先頭へ